月別: 2016年6月

リトミックが幼児教育に取り入れられる理由と効果について

agjatugj

幼児教育の現場でリトミックが取り入れられるのは、五感が発達するときに、音楽を聴く、身体を動かすことで、深い感性を磨くことができると考えられているからです。

自発的な反応を促すもので、踊りなさい、聴きなさいという命令下ではできるものではありません。
子供は、音楽を聴くと、訳もわからず体を動かすことがありますね。
その本能を生かすことがリトミックの目的です。

勉強は知識として身体に脳にものを入れようとします。
しかし、リトミックは、音楽を聴かせて思いのまま感じて、身体を動かすよう指導されます。
その自分が感じた事を表現することで、それで良しと認められた時に、少しずつ自身がつき、自己表現の基礎ができると考えます。

幼児にとっては、その大人の行動と褒められたことで、ますます自信を持つことになります。
リトミックにとっては、音楽を聴くインプットと、身体を動かすアウトプットの能力を養うことがきることで、自分をどう表現してよいかを知ることができます。

現代社会において、与えれたモノだけで物事を判断する幼児教育が多い中、リトミックは、自分表現のできるものとして、注目されています。
全国の幼稚園などでも取り入れているところは多いです。

リトミックで教育するならコチラ>>http://www.tsubasa-rhythmic.com/